カテゴリ名

インフォメーション

ダンボールの豆知識

ダンボールの基本構造

ダンボールの基本構造

上図のように、ダンボールの基本構造は表面紙(ライナー)と、中しん(フルート)からできています。

フルートの種類

 フルートとは、ダンボールを構成する段(Flute)のこと。フルートの種類とその基本的な構造は、単位長さ(30㎝)当りの段の数と、段の高さからなり、その規格及び基準値は下図のようになり、世界的にほぼ統一されています。

Aフルート・・・・・一般的に「シングル」と呼ばれて広く普及しているもので、30㎝あたりのフルートの数は約34あり、下図に示した中で最も少なく、厚さは約5mmです。主に商品運搬時の外装箱に広く使用されています。

Bフルート・・・・・Aフルートと対照的で下図の中で最も多く約50あり、厚さは約3mm。Aフルートと比較するとフルートの数が多い分横の衝撃には強いが、厚さが薄いため縦の衝撃には弱い特徴がある。主に缶詰や飲料の包装やギフト用個装箱、化粧箱といったものに使用されています。

ABフルート・・・・・AフルートとBフルートを重ねたもので「ダブル」と呼ばれています。厚さは約8mm。主に重量物や硬いものを運搬する外装箱として使用されています。

Eフルート・・・・・下図の中で最も段が低く厚さは、約1.5mm。フルートの数が多いので表面が平滑であるため印刷適正に優れています。主に個装箱でも美装箱などで使用されています。

Aフルート(A段)

Aフルート(A段)

Bフルート(B段)

Bフルート(B段)

ABフルート(ダブル)

ABフルート(ダブル)

Eフルート(E段)

Eフルート(E段)

ダンボール原紙の種類

ダンボールに使用される紙は、板紙(Paper-board)に属し、それらを総称して「原紙」と呼びます。原紙は、上図「ダンボールの基本構造」にあるようにライナーと中芯に分けられ、下図のように様々な種類が存在しています。ライナーには、クラフトライナー(Kライナー)とジュートライナー(Cライナー)の2種類存在し、クラフトライナーの方が強度があります。一般的には、K5を使用する場合が多く、K6、K7と大きくなるほど固くなります。中芯は、セミケミカルパルプ(SCP)と特しんの2種類あります。

ダンボール原紙の種類

貼り合わせ

「ライナー」と「中しん」を貼り合わせて、ダンボール状にすることを、『貼合』(てんごう)するといいます。
接着剤は、デンプン(コーンスターチ)を使用します。
貼合された板状のダンボールを『シート』と呼びます。

シート一覧表

シート一覧表

美装ダンボール

表ライナーに、色ライナーやデザインライナーを貼合することによって、美装ダンボールを作ることができます。
 
おもに、ギフト用ケースのような個装箱に使用します。

ダンボール箱の形式

箱の形は、一般的なみかん箱タイプをはじめ、ギフト用などの化粧箱、ケーキなど包装する手持ち付きの箱などさまざまあります。

ダンボール箱の形式 コード番号0200 0201 0203 0201 0212

ダンボール箱の形式 コード番号0215 0217 0218 0300 0306

ダンボール箱の形式 コード番号0322 0401 0410 0421 423

ダンボール箱の形式 コード番号0426 0427 0443 0501 0503

ダンボール箱の形式 コード番号0713 0428

お問い合わせ